平安女学院高校の1.5次入試で、立命館進学コースも募集されることが決定しました!他校でも、1.5次入試は必ずチェックしましょう。

1月も末になってくると「私立入試はもうすぐ!」という雰囲気が強くなってきますが、そんな生徒には私立高校の1.5次入試というのが非常に大きな励み・助けになります。

 

京都の私立高校は全高校で受験日の足並みを揃えていて、2017年は2月10日に試験が行われます。なので原則的には私立高校は1校だけ受験できるということになるのですが、2次試験や1.5次試験というのも設けられています。(高校によっては後期試験という表現も。)

 

今回は塾に平安女学院高校から1.5次入試のお知らせが来たので、読んでいただいている皆様にも周知していきたいと思います。

平安女学院高校からのお知らせ

平安女学院高校のウェブサイトで以下の発表が。

平安女学院高校お知らせ

2017年度 高等学校 1.5次入学試験を立命館進学コースを含めた全コースで実施します

平安女学院高校に限らず他校でも1.5次試験が行われることが多いのですが、今回に知っておくべきことは「立命館進学コースも募集される」という決定です。

 

結局は大学進学を考えて高校を選ぶ方が多いので、(文系に限られるとはいえ)立命館大学に進学できるこちらのコースはお得だといえます。

 

私立は以下の参考記事のように、本当はガンガン合格者を出したい気持ちを持っているのですが、大学と提携するコースは大学との兼ね合いもあり、限られた人数しか合格させられません。

(参考:私立高校と公立高校、どっちが合格しやすい?正しい志望校を選びたい人は、2つの違いを意識しましょう。

 

しかも立命館進学コースはやっぱり人気なので、1.5次入試でも募集する余裕があるかどうか…という状況でした。

しかし今年も「若干名」ということで、1.5次入試でも5名ほど合格者が出ると思われます。立命館進学コースの昨年度1.5次入試では、12名受験の5名合格でした。合格最低点は、300点満点で212点。国数英の3科目です

 

平安女学院高校の他のコースだと、高確率で合格できそう。

このチャンスによって人生の進路が大きく変わる人も出てくるはず。しっかりチェックしておきましょう。

1.5次入試は狙い目ですよ!

ほとんどの京都府の中学生は、私立高校を1校だけ受験するため、1.5次入試を活用する生徒はとても限られます。1.5次入試の情報を調べる人もほとんどいません。

 

しかし特に私立高校への進学を第一に考える生徒からすれば、1.5次入試を活用することで目標の進路への可能性が高くなります。2校受けておくことで、少し安心することも可能です。

 

高倉塾でも「大学進学しやすい、私立高校を希望!」という生徒は京都府でも私立を2校受けてもらいましたし、他府県の私立も1校、合わせて3校受けてもらいました。そこまでする必要はないかもしれませんが、京都で2校受けておく、というのは大きな安心材料になりますね。

また、上述のように受験者数が少なくなるので、募集人数と大差ない人数が受験するケースもあり、合格率は高くなることもあります。

 

そんな理由から、1.5次入試は人によっては受験しないともったいない、狙い目の制度だということになりますよ。

 

いろんな私立高校の1.5次入試をチェックしておこう

1.5次入試は全ての私立高校で実施されるわけではありません。しかし「この高校も魅力的かも…」と感じる高校があった場合は入試制度を調査し、1.5次入試を実施しているようでしたら受験してみるのも一つの戦略です。受験料は2~3万円かかってしまいますが、将来のための投資でしょうか。

 

京都府の私立高校では、毎年20校弱が1.5次入試を実施します。しっかり各高校のウェブサイトをチェックし、今からでも間に合う高校なら願書を送付することも視野にいれておいてくださいね。2月中旬くらいまでに出願すれば間に合う高校も多いはず。

 

…というわけで、「平安女学院高校の1.5次入試で、立命館進学コースも募集されることが決定しました!他校でも、1.5次入試は必ずチェックしましょう。」という話でした。

 

【参考】

平安女学院高校の紹介はこちら

【京都の高校紹介】平安女学院高校の魅力!立命館や幼児教育など個性あるコースが特徴です。

以下は各私立高校の合格最低点のリストです。

【合格ライン一覧】京都府の私立高校、全コースの合格ラインをまとめました。第一志望の私立に合格したいなら、この点数を取ってください!随時更新します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)