教材は絶対に本屋さんで買ってはいけない。最も高品質な塾専用の教材、その入手方法をお伝えします。

世の中には数え切れないほどの教材が溢れており、中高生や保護者の皆様はどれを選ぶべきか深く悩むことになります。どんな教材を使うかで学力の伸び率が大きく変わってくるので、非常に慎重に選びましょう。

 

本屋さんに言ってもamazonを見ても「どんな教材を買えばいいのか分からない…」という人は、このブログを参考にして後悔のない教材選びをしてください。

 

『市販の教材』と『塾専用の教材』

あまり知られていない事実ですが、教材には『市販の教材』と『塾専用の教材』があります。

 

手に入りやすいが、使いにくいものが多い『市販の教材』

『市販の教材』とは本屋さんに普通に売ってる教材で、結構カラフルなものが目立ちます。

中高生用だと質のいいものもありますが、勉強が得意でもない限り、ほとんどは解説が不十分だったり難しすぎたり、問題数が少なすぎたり…と、コレといったものがありません。

 

ひしめくライバルよりも我先に購入してもらう必要があるため、カラフルに彩りタイトルを煽っているだけで中身が薄い教材がどうしても多くなります。

 

何より、学校で習わない問題が載っていたり、学校で習った問題が載っていなかったりするのが大きな欠点です。

 

手に入りにくいが、使いやすい『塾専用の教材』

それに対して『塾専用の教材』とは、教材業者が「この教材は学習塾にしか販売しない!」と決めて製作した教材です。従って本屋さんやamazonで売られていることはありません。

 

 

具体的な教材名としては、iワーク・keyワーク・新中学問題集・必修テキスト・フォレスタ…など、塾に通っている生徒にはお馴染みの教材です。

 

塾にでも通わない限り購入は不可能なのですが、この『塾専用の教材』は圧倒的に使いやすくなっています。

各市などが採択している教科書に完全に準拠して作られているため、「学校で習った部分が載っていない」「学校で習わない部分が載っている」ことがありません。

問題数も繰り返しできるように配慮されているし、難易度も学校の勉強にはほどよいレベルになっています。

 

全国の目の肥えた塾の先生に選ばれるため、見た目のデザインよりも中身の質を重視して作られています。市販教材の何倍も学習効果が出ます。

 

高倉塾を始めた時は何も知らないので本屋さんで教材を選んでいたのですが、この『塾専用の教材』を見た時にその質の差に驚かされました。

 

『塾専用の教材』の入手方法

「質のいい教材が欲しい!」と考えている生徒・保護者の皆様からすれば喉から手が出るほど欲しい『塾専用の教材』ですが、その入手方法を以下に紹介します。

1.塾に入る

これは1番の正攻法で、塾専用の教材を手に入れるために塾に入ってしまいましょう。受験勉強を最大限にやりたいなら、いつかは入らなければいけないもの。早いうちに入ったほうが効果も出ますし、合格できる高校は何段階も変わります。信頼できる塾に入り、塾専用の教材で頑張って学力を伸ばしましょう。

注意点:

『塾専用の教材』で勉強するために塾に入るわけですが…、大手の個別指導塾の場合は、そのフランチャイズ塾ブランドの教材が統一使用されていることが多いので注意しましょう。

「塾専用の教材を買わせてください」とお願いしても「教材はウチの系列指定のものだけ。」と言われる可能性があります。

 

2.塾に行ってる友達に買ってもらう

「塾に入る余裕はない」という場合は、塾に行ってる友達に代わりに買ってもらうのをお願いしましょう。

最近頑張っている友達が、学校の教室で塾専用の教材を使っているのを発見したら、「塾の先生にもう一冊買ってもらってくれない?」とお願いすればいいのです。

その場合は塾の先生に「友達が買って欲しいと言ってるから」なんて言っても「ダメ」と言われるので、なんやかんや理由をつけてお願いしてもらうようにしましょう。

 

3.ヤフオクで買う

1番楽で確実なのがこの方法。多くの塾専用教材がオークションで処分されているので、ヤフオクで買ってしまいましょう。

「塾専用教材」で検索してもたくさん出てきますし、知っている教材の名前があるなら、直接その名前で検索しましょう。ちょっと普通よりは高くなりますが、市販の教材もそんなに安くないので買って損はないはずですよ。

注意点:

塾専用教材には『通年教材』と『教科書準拠教材』があります。「学校でいい成績を取るため」に教材を買う場合は、必ず『教科書準拠教材』を買いましょう。その場合は、自分の地域がどの教科書を採択しているのかをチェックしておきましょう。例えば自分の英語の教科書が「東京書籍」ならば必ず『東京書籍準拠』の教材を買いましょう。

 

教材選びを慎重にしましょう。

ということで、「教材は絶対に本屋さんで買ってはいけない。最も高品質な塾専用の教材、その入手方法をお伝えします。」といった話題でした。

教材選びで時間を取られてしまうことがないように、なんとか納得できる教材を入手してくださいね。

 

教材・勉強法に関して詳しく知りたい方は以下も御覧ください。

中高生が問題集を繰り返すことの重要性について。「2」が「4」になって進路がめちゃくちゃ変わります。

成績が悪い中学生・高校生の勉強法はプリント学習法で決まり。問題集・参考書をそのまま解くよりも、一度プリントにした方が成績は上がります。

 

塾の選び方などについては以下を御覧ください。

集団指導?個別指導?経験からお伝えする、本当に正しい塾の選び方。間違った塾選びは年間50万円無駄にします。

家庭教師は塾と何が違うのか?家庭教師を選ぶべき人を解説します。基本的には教育費に余裕がある人向けです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)