安全圏の高校で、絶対に不合格にならないために!どういう人が不合格になってしまうのか?

受験をする前の段階から、だいたい「合格しそう」とか「合格は難しいだろうな…」と、ある程度は合格確率を想定できますよね。模擬試験の段階でも合格判定が出ますし、「安心できる!」という人と「落ちるかもしれないけど頑張る!」という人に分かれます。

 

「落ちるかもしれないけど頑張る!」という人も、熱心な勉強の結果、「奇跡の合格!」ということもありえます。

 

しかしよく考えればその反対に…、「安心だと言われていたのに、落ちてしまった」という人も多いはず。毎年毎年、中学入試から大学入試まで、そんな悲しい生徒が日本中で続出しています。

 

今回はそんなことにならないように、京都府の入試直前の高校受験生に向けて、「安全圏の学校に落ちるのは、こんな場合だ」というケースをお伝えしたいと思います。

 

「合格圏だと言われたけど、不安でたまらない…」という生徒・保護者の方はしっかりと目を通して、ラストスパートをかけてくださいね。

「解けなくていい問題」を見極める

勉強が得意で自信のある生徒ほど、「全部の問題を理解しないといけない」と考えてしまします。しかし超難問の対策に時間を割いたからといって、必ず本番で取れるとは限りません。むしろ、その時間を「簡単な問題を確実に正解する」トレーニングに割いた方が、確実な合格に近づきます。

 

解けない問題が必ず出る

高校入試の試験は、基本的には「中学校の教科書レベルの問題」しか出ません。難関校の場合であっても、教科書の隅から隅までを理解していれば、解ける問題ばかりです。

 

しかし簡単すぎても困るので、出題者としては「高度な思考力を試す問題」をいくつか作るようにしています。しっかり勉強していたとしても、あれこれと創意工夫しないと解けない問題など…、骨のある問題を作りたくなってしまいます。

 

そういった問題の多くは、解けないであろうことを前提して作るもの。なので「この問題は解けたらスゴイ。解けなくても問題ないけど」といった意図の出題です。

 

こういった超難問は、必ず数問は入試で出題されます。「自分にとっては、これは超難問!」という問題はチェックしておき、あまりこだわらないようにしてくださいね。

 

 

解ける問題だけ解ければ合格する

嬉しいことに高校入試では、「確実に取れる問題を全て解ければ、ほぼ確実に合格する」という事実があります。難問を全て解く必要はありません。安心してください。

 

例えば、以下のブログで「京都府の私立高校の合格最低点リスト」を確認してみてください。あなたは、その点数を取れば合格できるのです。

(参考:【合格ライン一覧】京都府の私立高校、全コースの合格ラインをまとめました。第一志望の私立に合格したいなら、この点数を取ってください!随時更新します。

 

どの私立高校も合格最低点は、だいたい5~6割の点数に落ち着いているはずです。最も難関な洛南高校でさえ、専願なら4割ちょっとでギリギリ合格しています。「いかに、確実に正解できる問題を正解するか」に合格はかかっています。

 

「計算問題とか暗記問題とか、解ける問題だけ解けばいい!」と考えて、リラックスしつつ勉強を進めてくださいね。

 

不合格の原因は、数学と英語だ!

「絶対合格する実力があるよ!」と言われていても、本番で大崩れしやすいのが数学と英語です。どちらも一つ難しい問題があれば、パニックになってしまう可能性があるのです。

 

「絶対合格できるよ!」と言われていても不合格になる原因は、ほぼ確実に数学と英語の点数にあります。

 

「この問題は解けるはずなのに分からない!時間をかけすぎた!あと何分だ!?マズイ!」とか、いろいろなことを考えてしまうと…、数学と英語は解けません。もともと得意であっても、解けません。

 

実際に高倉塾の生徒の中でも、努力してきた生徒でも「数学が目標に全く届かなかった…」などの結果でガッカリしている生徒が多いです。数学と英語の大崩れには本当に注意。

 

  • 「合格確実!」と言われて合格する人…数学と英語で点がとれた
  • 「合格確実!」と言われて不合格になる人…数学と英語で崩れてしまった

 

対策として…、特に数学は「最初の計算問題で満点を取ること!」を徹底トレーニングしてくださいね。

 

例えば公立高校の中期選抜の数学は40点満点ですが、最初の簡単な計算問題で約16点。ここで16点全て取れれば、どれだけ大崩れしても5割はキープできるでしょう。

 

ここをおろそかにして図形問題ばっかり取り組んでると…、落ちるかも。。

 

理科と社会で点を取ること。

数学と英語でつまづく可能性が高いなら…、理科と社会で安全策を講じておけ!が正しい考え方です。

 

例えば公立高校の社会と理科だと…、塾や学校の先生の過去問対策をしっかり聞いて解きまくれば、安定的に8割程度の点数が取れるだろうと思っています。32/40くらいの点数。

 

以前の高倉塾の生徒は、公立高校の入試本番で英語の点数が17/40と、大崩れして半分にも届かず大ピンチでしたが…、理科で36/40社会で32/40と高得点が取れていたので、何とか第一志望の難関校に合格できました。

 

  • 数英で崩れたけど、合格できた人…理科と社会で高得点を取っていた
  • 数英で崩れて、不合格になった人…理科と社会でも普通の点数だった

 

このように、本番の空気にのまれて数英で大崩れしても、理科と社会をしっかりやっていれば合格します。

 

理科と社会の試験対策は、以下の記事も是非参考にしてくださいね!

(参考:京都府の高校入試は、理科と社会の勉強が命!理科と社会をおろそかにしている人は、不合格の可能性が高まります。

 

合格最低点を意識して、心を軽く保つことが大切。

「合格できるよ!」と言われたのに不合格になってしまった…という悲劇を無くすために書いてきましたが、当てはまりそうな人は、今すぐ勉強計画を見直してみてくださいね。

 

数学の計算問題や英語の単語問題、加えて社会と理科の暗記問題など、「確実に取れそうな問題」だけを繰り返しトレーニングするのが最もいい方法です。

 

  • 「確実に取れる問題」に集中して勉強…合格率が高まる
  • 「難問」を中心に勉強する…不合格率が高まる

 

特に私立では、合格最低点を取れれば合格するのです。多くの学校では、合格最低点は5~6割。

※もちろん、年によって最低点は変化するので、昨年度より少し多く見積もることが大切。

 

「8割は取らなきゃ!」など、必要以上に気持ちが焦っていませんか?

 

「大丈夫、合格に必要な点数だけ取ればいい」と、ラクに構えた方が、最終的な得点が高くなる可能性もありますよ。

 

あまり固くなりすぎずに、本番で自分の力を最大限発揮できるよう、リラックスした感覚で当日を迎えてくださいね。

 

…というわけで、「安全圏の高校で、絶対に不合格にならないために!どういう人が不合格になってしまうのか?」という話でした。

 

改めて掲載しておきますが、京都府の私立高校の合格最低点リストは以下で確認してくださいね。京都府のほぼ全ての高校が掲載してあります。

【合格ライン一覧】京都府の私立高校、全コースの合格ラインをまとめました。第一志望の私立に合格したいなら、この点数を取ってください!随時更新します。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)