個別指導塾で英語の講師になるために必要な英語力は??文法をしっかり理解して教えられれば、英語が話せなくとも最高の先生になれます。

最近は、英語の先生の英語力が足りないんじゃないか!?との問題がささやかれているようです。

 

本日に、こんな記事を目にしました。

英語教員、TOEIC“合格”2割 京都府中学「資質」はOK?

京都府教育委員会は9日、京都市を除く中学校の英語科教員で、本年度に英語能力試験TOEICを受験した74人のうち、府教委が目標として課した英検準1級に相当する730点以上を獲得したのは16人で、約2割にとどまることを明らかにした。最低点は280点で、500点未満も14人いたという。府教委は「英語科教員の資質が問われかねない厳しい状況だ」としている。

 

簡単に要約すると…、

 

「中学校の英語の先生は、だいたいTOEICで730点くらいの実力を持ってくださいね!」という京都府教育委員会の目標があったのですが、それをクリアしたのは京都の英語の先生74人のうち、たった16人だった…という少し残念なニュースです。

 

記事によると、英語の先生にも関わらず…、500点にすら届かない先生も14人いたということです。

 

この記事を読んだ京都の保護者の皆様は、「そんなことで、子どもをちゃんと教えられるの!?」とお怒りになるかもしれません。実際、英語のプロとしては少しふがいない結果だったかな…という印象を私も持っています。

 

この記事、個別指導塾を運営する私としても他人事ではありません。私はこの記事を読んで、「しっかり生徒に、分かりやすい英語の授業ができているのか?」ということを考えるきっかけとなったので、今回は私の意見を書いてみたいと思います。

 

個別指導塾に子どもを通わせている保護者の方の中には、「個別指導塾の先生って、どれくらい勉強ができるの?」「しっかり子どもに教えてくれているのかな…」といった疑問を持たれることも多いはず。

 

また、「個別指導塾でアルバイトがしたい!」と考える大学生の中にも、「どれくらい勉強ができたら講師になれるんだろう…」と不安になる人も多いはず。

 

そういった疑問をお持ちの皆様も、ぜひこのブログを読んで考えのきっかけにしてくださいね。

 

TOEICの点数、そんなに必要?

早速結論ですが、「中学校の英語の先生に、TOEICの点数を求めても仕方ないんじゃないの…」というのが、記事を読んだ私の素直な考えです。

 

1.授業で使う英語さえ、完璧ならOKだと思う

中学校の先生ですと、教えるべきところは基本的なところのみ。特に難しい英文法などは扱いません。あくまでも、中学生にしっかりと理解ができるところに限られます。つまり、TOEICで730点以上がとれるような英語力は、そもそも授業では扱いません。

 

そういった状況から、「中学生の英語の先生になりたかったら、その内容だけパーフェクトにしていればOK!」と開き直ってもいいんじゃないかな…と思っています。個別指導塾のアルバイトの講師の方でも、これくらいの英語力で困ることは少ないはず。

 

「プロなんだから、中学校の先生であっても、高い英語力が必要!」といってハードルを上げてしまうよりも、「英語力は、中学生の教科書を使って教えられれば十分です!その代わり、明るく楽しく教えられる先生を求めています!」といった方針の方が、中学生にとっていい影響を与えられる先生が増えるんじゃないかな…という考えです。その方が、京都にいい英語の先生が集まる気がします。高倉塾のアルバイト講師の志望者にも、そんな能力を求めています。

 

中学校で教える英語のレベルは英検3級までなので、「中学校の先生は、英検3級で90点以上とれるくらいの英語力を身につけてください」といった方が効果的ではないでしょうか…。

 

2.教え方の方が大切

個別指導塾の先生でもいえることですが、「先生の頭がよすぎて、教えてもらっても分かりにくい」ということがあります。たとえば数学でいうと、先生の頭がいいばっかりに、テストに出ないいろいろな知識を生徒に話してしまい、生徒はちんぷんかんぷん…という状況です。

「自分も分かるのだから、生徒にも分かるはず」と考えてしまうんですよね。そんな場合はいくら賢くても、いい先生かと言われると微妙なところです。

 

そんなことだったら、生徒に分かりやすい方法を工夫して、教えてくれる先生のほうが中学生にとってはありがたいのでは…と思います。

 

何か教え方のうまさを測る検定などがあればいいのですが、今のところはなかなか難しいのかもしれません。

 

※もちろん、「TOEICの点数が高い人は教え方が悪い」と言っているわけではありません。ただ、大切なことは教え方であって、それはTOEICの点数では測れないんじゃないの…ということです。

 

3.先生が、TOEIC対策に時間を取られる

中学校の英語の先生は、英語を教えるだけが仕事…などということはなく、他にも担任クラスの仕事や事務処理、テスト作成や採点、評価、部活動の指導・管理…など、本当にハードな毎日を過ごしています。

 

そこにもし、「中学校の英語の先生は、TOEICを730点とるために勉強してください!」と今から言われてしまっては少し疲弊してしまう気がします。

 

私としては…、中学校の英語の先生にはむしろ、「英語の歴史」「面白い表現方法」とか、「実際のアメリカに行った経験談」「珍しい外国の文化」などなど…、生徒が「私も英語をもっと学びたい!」とワクワクするような知識・知恵を身につけて、それを生徒に伝えて欲しいなと考えています。

 

もともと勉強のできる生徒の集まった私立中学校ならまだしも、公立中学校の英語の先生に求められているのは、生徒に英語の楽しさを伝えることじゃないでしょうか。

 

中学校の英語の先生のTOEIC対策にお金を使うくらいならば…、そういった研修などにお金を使って欲しいなと思います。

 

英語力は、英検3級が完璧ならOK!

従いまして、私が考える「中学校の英語の先生に求められる英語力」は、英検3級を9割以上は確実にとれる力、ということでしょうか。

それくらいあれば、中学校の英語の先生として必要な英語力としては十分だと思います。もちろん、もうちょっとあった方がいいとは思いますが…、一つの基準にはなるでしょう。英検3級を8~9割とれるのならば、難関高校の受験指導でも困ることは少ないはず。

 

「自分の英語力で、個別指導塾のアルバイト講師がつとまるだろうか…」と不安な大学生は、是非英検3級の過去問を眺めてみてください。「それすら分からない…」という場合は少し教えるのは難しいかもしれません。

英検3級過去問

 

京都の先生の英語力不足が指摘された今回の記事は少し残念なニュースでありましたが、TOEICの点数で改善するというより、もっと幅広く英語の先生の適正を計測できれば、もっと違う明るいニュースになるかもしれません。

 

 

「塾でもっと高度な英語を教えてほしいのに!」とお考えの保護者の皆様もご安心ください。個別指導塾ならば必ず英語の強い先生はたくさんいます。ただ、「いい英語の先生を育てるには、もっと違う指標で見られればいいな…」という意見でした。

 

いい英語の先生になりたい、と願う人は、TOEICなどの点数にとらわれすぎず、英語や外国に関する豊富な経験を身につけてくださいね。

 

個別指導塾の講師として求められる能力については、以下の記事も参考にしてください。

個別指導塾の講師に求められるものは?個別指導塾は、「分かりやすい解説」でなく「やる気を引き出す」塾が理想だな…と思う話。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)