けっこう話題の『うんこ漢字ドリル』はアホな男の子にオススメの、日本が誇る教材です。

うんこ漢字ドリル

うんこ漢字ドリルけっこう話題になっているのがこの漢字ドリル。テレビとかで紹介されたりしているみたいで、塾の関係者も注目している漢字ドリルです。

 

個別指導塾を経営していると、

 

「どんな教材が、生徒にベストなんだろうか」

 

ということに頭を悩ませるのですが、その点でこの漢字ドリルは最高級の品質を誇っています。

 

今回は、

 

「子供が漢字をなかなか覚えない…!」

悩む女性

とお悩みの保護者の皆様に、この『うんこ漢字ドリル』の魅力を紹介します。

 

うんこ漢字ドリルの特徴

うんこ漢字ドリル

まず最初に『うんこ漢字ドリル』の説明ですが、このドリルはうんこを使って漢字を覚えられるドリルです。素晴らしいですね。

 

具体的な例題

 

例えば、「省」という漢字を学ぶ例題は、

 

うんこの例題

先生の頭にうんこをのせたことを反「省」しています。

反省したら、大丈夫ですよ。

 

説明は「省」略して、まずはうんこをお見せします。

 

上手な発表って、本当に大切なことから言うんですよね。

 

いらないうんこをもっと「省」かないと、ケースに入らない。

よくばっては、いけませんよ。

 

「久」を学ぶ漢字は、

うんこ漢字ドリル

うんこを永「久」に保存できる技術が開発されました。

日本の技術は最先端なのですね。

 

「祖」という漢字の例文は、

 

うんこ漢字ドリル

 

人類の「祖」先については、サル説とうんこ説がある。

 

うんこの進化

うんこ説の方が、しっくり来ますね。

 

格式高いドリル

 

…という具合に、例文が少し格式高いのが特徴の漢字ドリルです。

 

今までの漢字ドリルでは、子供本人や保護者の方、または学校関係者からも、

 

「例題にうんこが出てきていないから不愉快だ」

「このドリルはうんこをしながら解かせてもいいのか」

「ドリルにうんこがついていた」

「今からうんこをするけどいいのか」

 

といった出版社へのクレームの電話が多かったようですが、この漢字ドリルでは今のところそんなクレームはないようです。

 

 

対象学年

この漢字ドリルは小学生用で、1年生から6年生まで全6冊発行されています。

 

小学校で習う漢字はなんと、全3018文字もあるのですが、全ての例文に「うんこ」を使用することに成功した、日本で唯一の漢字ドリルです。世界で始めての発明、ということになります。

 

マッドサイエンティスト

 

確かに、普通の漢字ドリルなら、一切例文にうんこが使用されていないため、

 

「子供がうんこを嫌いになったらどうしよう…」

 

という心配がありましたが、その点この『うんこ漢字ドリル』なら安心ですね。

 

うんこをしながら解くことは禁止されていませんが、間違って本を紙がわりに使ってしまうと、トイレが詰まってしまうので絶対に注意してください。

 

小学生の男の子には絶対にオススメ

小学校のころは、なぜかこんな話が大好きです。私も子供のころ、駄菓子屋さんに「うんちくんグミ」というお菓子があって、特に美味しくないのですが貴重なお小遣いを「うんちくんグミ」に使っていた記憶があります。

 

それほど、うんちには不思議な力があるのです。その力は、きっと漢字を覚えるのにも役立ってくれるはず。

うんちくん

アメリカは日本との戦争中、

 

「今から戦う日本兵は、どれくらいの人数がいるんだろう?」

 

ということを調べるため、日本の以前の基地に残るうんこの数を数えることにしました。

 

数えた結果、大量のうんこが見つかったので、

 

「大変だ!日本兵は予想よりも大量にいるぞ!」

 

と思って急いで準備したのですが、実際は日本兵は全然いなかった…という話があります。

 

そうです、日本人は和食中心で、食物繊維摂取量が多いため、大量のうんこをする国民だったのです。

日本とうんち

そんなエピソードからも分かるように、日本はうんこと関わりの深い国であることが知られています。そんな深い国民性を、漢字ドリルに表現することはカンタンではなかったと思います。

 

保護者の皆様も、もしお子様が、

 

「漢字を覚えるのがイヤだ!」

 

という小学生の場合、特に男の子ならば、この漢字ドリルを買い与えてください。

 

漢字をドンドン覚えるキッカケとなる、うん命の出会いになることでしょう。

英語の例文バージョンも作って欲しいですよね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)