令和3年度(2021)の京都府公立高校入試の倍率調査結果(11月10日現在)

京都府教育委員会のウェブサイトにて、令和3年3月に京都市の中学校を卒業する生徒の進路調査結果が発表されています。この調査にて、が大まかに把握できます。

進路希望状況

気になる方は👆をご確認ください。

主な高校の倍率 (普通科)

高倉塾近辺で、志望者も多い高校をピックアップします。こちらでは普通科だけピックアップ。


以下の表は、前期も中期もごちゃまぜの数字になっているため、単純にこの倍率を参考にすることはできません。しかし一応の目安としては十分に機能します。

高校名A.募集定員B.志望者数倍率
(B/A)
山城3204161.30
鴨沂2404491.87
洛北1601861.16
北陵2402240.93
朱雀2001880.94
鳥羽1601601.00
嵯峨野1201351.13
北嵯峨2803061.09
2804251.52
桃山2802400.86
堀川80380.48
日吉ヶ丘2402681.12
紫野2002361.18

前期の倍率

上記の表は、中期も前期も問わずに志望者をカウントした数字です。以下から、前期選抜に限った調査倍率を記入していきます。

高校名選抜方式A. 募集人数B. 志望者数倍率
(B/A)
山城A方式1483517.31
A方式248310.65
鴨沂A方式1483507.29
A方式224401.67
洛北A方式1241385.75
A方式224371.54
北陵A方式481613.35
B方式24230.96
朱雀A方式601322.20
鳥羽A方式1241194.96
A方式224261.08
C方式
(スポーツ)
40370.93
嵯峨野A方式361293.58
北嵯峨A方式421964.67
B方式42421.00
A方式423057.26
B方式42340.81
桃山A方式842292.73
堀川A方式84351.46
日吉ヶ丘A方式522254.33
B方式20130.65
紫野A方式1451974.38
A方式215191.27

前期選抜はほとんどの生徒が不合格になることが前提となるので、A方式1やA方式の倍率は高くなっています。したがって、前期選抜は不合格だと思って中期選抜に照準を合わせるのが通常の方法です。


もちろん、これはあくまでも調査倍率です。実際の入試で倍率がどうなるかは分かりません。ここで高い倍率だったとしても、それを見て志望校を変える人が増えるかもしれませんし、油断することも絶望することもできません。


倍率はあくまでも自分の合格率を見定めるための一つの材料にすぎません。試験に必要なことを愚直にやり続ければ、倍率に関わらず合格できるし、それを怠けてしまえば不合格になります。


あと2ヶ月ちょっとですね。計画に沿って、自分を信じて受験に立ち向かいましょう🔥

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください