演習時間を増やせ!高倉塾ではOnline Work Roomを設置します!

高倉塾の進行表

先週より、高倉塾の生徒全員に Online Work Room についての告知プリントを2枚配布しています。

Online Work Roomの案内

Online Work Roomの申請書

生徒に配布しておりますので、保護者の方はぜひご覧ください👆


ブログでは改めて内容やその意図をご説明します。

問題演習の時間を捻出することの大切さ

生徒の成績を高めるために、個別指導塾がいつも頭を悩ませるのは、やっぱり生徒の問題演習の時間を作ること。


増やす必要があるのは、「勉強時間」ではなくて「問題演習の時間」です。勉強時間….というと、ひたすら教科書を眺めたり、なんとなく暗記しようといった、効率の悪い時間を過ごすことが珍しくありません。


しかし本当に必要なのは、テスト範囲のワークを3回頑張るくらいの圧倒的な問題演習量です。とにかく問題をたくさん解くだけで効果が出ます👇

高倉塾の進行表


よって、週に数回の授業日だけではなく、他の日にも塾か家庭で問題演習をしてもらう必要があります。


ただ、特に寒い時期などにわざわざ塾に行くことはハードルが高い、という生徒が多いことも理解していますし、家庭では全く集中できない人もいます。


そこで高倉塾では、平日は毎日、Online Work Roomを開くことにしました。

Online Work Room とは?

Online Work Roomとは、高倉塾で平日は毎日開かれる、ZOOM上の仮想自習室です。

オンライン自習室

平日は毎日、

  • 18:30~19:30
  • 19:30~20:30
  • 20:30~21:30

の3回の時間帯に分けて、ZOOM上でOnline Work Room (以下OWR)が開かれます。参加する生徒には事前に時間帯の申請をお願いし、決まった時間にZOOMに入室してもらうことにします。


このときのルールは大きく分けて2つです。

  1. 必ず手元が映るようにスマホ/タブレットを設置すること!
  2. 指定したワークだけに取り組むこと

手元が映るようにスマホ/タブレットを設置すること

勉強に集中するには、サボれない状況を作るしかありません。塾に来て自習をすれば先生が見ているので、嫌でも勉強に気持ちを向けなければなりません。


そういった状況を作るため、必ずスマホなどで自分の手元が映るように設定してもらいます。何を解いているのかまで分かるようにしてください。教室にいるのと同じ状況を作るため。


家にいるときの誘惑グッズ第一位は、ダントツでスマホとタブレットです。スマホやタブレットでZOOMにつないでいると、絶対にLINEやゲームを触ることができないのが強み。「勉強するしかないか…」という状況を作っていきましょう。

指定されたワークだけに取り組むこと

Online “WORK” Room なので、指定されたワークしか解いてはいけません。科目は数学と英語です。

  • 教科書を読む
  • 暗記する
  • 学校の宿題をする

などは認めません!参加する曜日と時間は予め申請しているのだから、しっかりそれを織り込んで、違う時間に済ませましょう。


ちょっと厳しいように感じるかもしれませんが、ハッキリ言って上記の全ては成績向上にはあんまり貢献しません。少なくとも数学と英語で言えば、何度も問題を解いて、間違いを直して反省し、数日後にもう一度解く….といったプロセスが必要なんですね。


この時間を確保することに妥協することはとっても良くない、という判断です。生徒にも理解してもらい、少しでも演習量増やしていきます。


テスト前なら少し他の勉強もOKにする可能性があります。

これをきっかけに、問題演習する時間を増やします

実際の勉強量が増えるのならば、「ちょっと気がのらないけど、家でできるなら仕方ないから集中しよう」といったキッカケでも十分です。


生徒に告知プリントを渡しましたが、たくさんの時間を書いて提出してくれました。その時間は必ず家庭 or 教室に来て確実にワークを解き、結果に繋げます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください