【専門学科】公立高校の難関コース入試制度を解説。堀川探求、嵯峨野こすもす等

京都の公立高校専門学科入試

京都府の公立高校には、誰もが憧れる難関コースがあります。

  • 堀川高校 探究学科群
  • 嵯峨野高校 京都こすもす
  • 西京高校 エンタープライジング
  • 桃山高校 自然科学
  • 山城高校 文理総合
  • 紫野高校 アカデミア
  • 鳥羽高校 グローバル
  • 塔南高校 教育みらい
  • 京都工学院高校 フロンティア理数

など、これらは普通科よりも合格が難しく、入学後の予算もある特別コースです。当然、進学実績も魅力的な大学が揃うため、「普通科よりも、さらにレベルの高い環境で頑張りたい」と考える生徒が受験します。

京都府公立高校 「その他の専門学科」一覧

これらは、京都府の資料では「その他の専門学科」と分類されており、普通科よりもより高度で専門的で、独自の学習カリキュラムを持っています。

普通科の入試システム

こちらで解説する「専門学科」に関しては、普通科の入試システムと少し異なります。


普通科の入試システムを知りたい方は以下をご覧ください。

「京都の高校入試システムを全く知らない」という方も、まずそちらからお読みいただいたほうがスムーズです。

専門学科は前期選抜で全てが決まる

京都府の公立高校は、普通科では以下の3つの選抜がありました。

前期中期後期
特徴不合格が前提多くの合格者が出る定員が余った高校のみ
受験日2/16頃3/8頃3/24頃
合格発表2/24頃3/17頃3/28頃
公立高校【普通科】の入試スケジュール

普通科を受験する場合は、主に中期までもつれます。


しかし上で挙げた専門学科を受験する場合は、前期選抜で全てが決定します。前期選抜に不合格なら、もうチャンスはありません。

  • 普通科… 前期選抜と中期選抜、2回チャンスがある(ほぼ中期がメイン)
  • 専門学科… 前期選抜で全てが決まる
前期中期後期
受験日2/16頃3/8頃3/24頃
合格発表2/24頃3/17頃3/28頃
専門学科には、中期と後期はない。前期だけの一発勝負

以下の表からも、前期選抜で定員の100%を合格させることが分かります。

ほとんどの専門学科は、前期で募集人数の100%を合格させる

専門学科の入試について

普通科と異なり、専門学科では各校独自の教育カリキュラムを打ち出し、よりハイレベルな学びを提供し、生徒の能力を最大限に引き出すことを目的に設置されています。したがって、各校ともに生徒の豊かな知的好奇心を求めています。


当然、偏差値や大学進学実績も普通科よりも充実することとなります。

高校/コース名偏差値普通科(中期)
偏差値
堀川 探求学科群7366
嵯峨野 京都こすもす 自然科学7261
嵯峨野 京都こすもす 共修71
西京 エンタープライジング71
桃山 自然科学7060
山城 文理総合6558
紫野 アカデミア6655
鳥羽 グローバル5356
塔南 教育みらい5749
工学院 フロンティア理数5148(プロ工)
模試企業の数字であり、あくまでも目安。偏差値という数字にそこまで大きな意味はない。

専門学科の倍率

普通科の前期選抜は定員の30%しか合格しないため、ほとんどの高校の倍率が3~5倍となりました。


一方、専門学科は偏差値も普通科より高くなりますが、倍率は1.5~3倍ほどに落ち着きます。

高校/コース名2022
倍率
2021
倍率
堀川 探求学科群1.831.53
嵯峨野 京都こすもす 自然科学1.802.04
嵯峨野 京都こすもす 共修1.931.88
西京 エンタープライジング A11.952.14
西京 エンタープライジング A20.940.81
桃山 自然科学2.031.85
山城 文理総合2.552.95
紫野 アカデミア1.511.25
鳥羽 グローバル1.601.00
塔南 教育みらい1.701.23
工学院 フロンティア理数1.080.88
西京A2は陸上競技で実績ある生徒の募集

しかしこれは当然、「専門学科は合格しやすい」ということを意味しません。学校評定でいえばオール5に近い生徒が受験することも珍しくないし、受験生のレベルが高く受験の意思も固いため、倍率に左右されるような甘い戦いではありません。


専門学科を受験する生徒は特に倍率を気にすること無く、自分の全力をぶつけることだけを考えましょう。倍率を見て安心したり、逆に悲観することは全く無意味です。

専門学科の選抜システム

専門学科の選抜システムは、普通科の前期選抜と同様に、

  1. 学力検査
  2. 報告書
  3. 面接 (Or 小論文)

などの数字を元に合格者を決定します。

堀川高校の探求学科群の要項を参考に説明します。

前期選抜実施要項

学力検査の◎印で分かるように、普通科とは異なり、各コースで難しい独自試験が準備されています。上に挙げた堀川高校の探求学科群の場合は、525点満点を配分し、上位から合格者を取っていく仕組みです。


各専門学科の配点比率を以下の表にまとめました。

国語数学英語理科社会報告書面or小合計
堀川 探求1001001005050100小論25525
嵯峨野 こすもす1001001005050100面接25525
西京 エンプラA110015015010050150小論50750
西京 エンプラA2801201208040150面接50小論50
陸上60※1
750
桃山 自然科学100100100100100面接25525
山城 文理総合1001001005050100面接25525
紫野 アカデミア120120120100面接40500
鳥羽 グローバル100100100100小論50450
塔南 教育みらい100100100専門※250100面接50500
工学院 フロンティア100100100100150面接30580
※1…陸上競技の実績報告書
※2…テーマについて「書く」+「発表する」

毎年あまり変化することはありませんが、上記はあくまでも令和4年度時点での数値です。やはり普通科の前期選抜に比べると、総合力が試されることが分かるはずです。

専門学科入試の「学力検査」

専門学科は、各高校で独自試験を準備して実施するため、普通科以上に、時間と熱意をかけた入試対策が求められます。

  • 普通科… 全ての公立高校で同じ入試問題
  • 専門学科… 各校の独自入試問題

普通科のような、京都府の全高校での共通試験はとてもシンプルな対策で突破できますが、専門学科では個別の入念なトレーニングを行うことが普通です。


当然、各校ともに難易度の高い問題を揃えているため、普通科の過去問はしっかりクリアした上で、応用も多い専門学科対策に乗り出す必要があります。とてもやりがいのあるハードルです。

専門学科の入試は難しいのか?

専門学科の入試問題は難しいですが、基礎さえできているのなら、あとは半年程度しっかり過去問などの対策を行えば攻略できますし、特に恐れることはありません。


堀川探求や嵯峨野こすもす等のトップクラスの高校でさえ、中学校の基礎知識の範囲から推測するのみで合格点をクリアできます。

普通科は全校共通だが、専門学科では学校ごとの対策が必要

非常に難しい問題も出ますが、難しすぎる問題は他の受験生も大して解けていないので大丈夫。あくまでも合格点を取ることだけに集中しましょう。


過去問だけを見て、「難しすぎる、自分には無理だ」と思ってはいけない。努力すれば、受験日にはできるようになっているのに、そこで諦めてはもったいないから。

専門学科入試の「報告書」

普通科の前期選抜では、報告書の合計は135点満点でした。全て最高の「5」であった場合、3年間合計は135となるからです。

評定数学英語理科社会国語音楽美術保体技家合計
1年学年末55555555545
2年学年末55555555545
3年学年末55555555545
評定
合計
135
全て満点の場合、普通科前期選抜の報告書は135点満点

しかし専門学科の場合(西京エンプラ、工学院フロンティアを除く)は、「報告書」の満点が100点にまで圧縮されていることが分かります。

国語数学英語理科社会報告書面or小合計
堀川 探求1001001005050100小論25525
嵯峨野 こすもす1001001005050100面接25525
西京 エンプラA110015015010050150小論50750
西京 エンプラA2801201208040150面接50小論50
陸上60
750
桃山 自然科学100100100100100面接25525
山城 文理総合1001001005050100面接25525
紫野 アカデミア120120120100面接40500
鳥羽 グローバル100100100100小論50450
塔南 教育みらい100100100専門50100面接50500
工学院 フロンティア100100100100150面接30580
専門学科の場合、「報告書」は135点満点ではない

したがって、専門学科の入試における「自分の報告書点数」を把握するには、100点満点になるように圧縮しなければなりません。合計数字に100/135 (135分の100) をかければ正確に圧縮できますが、電卓では単純に0.74(≒ 100÷135)をかければほぼ正確な数字が出ます。

普通科の前期選抜で利用される数字に、0.74をかければよい。

もし自分の報告書合計が103であれば、0.74をかけてみてください。専門学科入試における報告書点数は、76点であることが分かります。

評定数学英語理科社会国語音楽美術保体技家合計
1年学年末44444434334
2年学年末44443443333
3年学年末54444344436
評定
合計
103
圧縮後76
全て満点の場合、普通科前期選抜の報告書は135点

0.74をかけると少数が出ることが多いですが、四捨五入して報告書点数を概算してください。

西京エンタープライズと工学院フロンティアは、逆に報告書を拡張させる

上記の表では西京エンタープライジングと工学院フロンティア理数のみ、報告書点数を150にまで拡張します。その場合は、150/135 (≒ 1.11) であるため、3年間の合計評定に1.11をかけて概算してください。

なぜ多くの専門学科では、「報告書」の数値を圧縮するのか?

普通に計算すれば「報告書」の満点は、1学年の満点が45, それが3学年で45×3 = 135 となります。なぜわざわざ100にまで圧縮するのでしょうか?


この目的は、「合否判定における、学力検査の影響力を高める」ところにあります。専門学科では、より柔軟な思考や応用力を問うような独自問題が用意されています。したがって各高校は、中学校の成績よりも、これらの問題を粘り強く解答できる能力を重宝したいと考えています。


「報告書」の点数を圧縮すれば、学力検査の重要性が高まります。

圧縮しない普通科よりも、学力検査のウエイトが大幅に高くなる

「応用力には自信がないが、学校成績がとてもよい生徒」にとっては余計なシステムですが、反対に「学校成績は平凡だが、知的好奇心があり、考えさせられる問題が好きな生徒」にとっては入試問題での逆転チャンスが大きくなる分、とても有利なシステムです。(とはいっても、学校成績がよい生徒が合格しやすいことには違いありません)


実際、専門学科の方が偏差値は高いにも関わらず、「報告書が重視される普通科では合格できないが、専門学科なら合格可能性が高い」という状況を味方につけ、合格した生徒はたくさんいます。

専門学科入試の「面接」や「小論文」

「前期選抜実施要項」を見ても明らかであるように、普通科よりも専門学科の面接のほうが気合の入った説明が書かれています。

令和4年度入試における各高校の面接や小論文の具体的内容を、以下の表にまとめます。

高校/コース検査方式配点比率検査時間検査内容
堀川 探求小論文4.8%40分400字程度。提示された課題文から情報を読みとり、論の展開・構成や主張を適切に把握するとともに、論理的に表現する力をみる。
嵯峨野 こすもす面接4.8%10分集団面接。「京都こすもす科自己PRシート」をもとに、本校への志望理由、将来の夢や目標等について口頭で答える。
西京 エンプラA1小論文6.7%40分朗読された文章を聞き、その内容を正しく受け取り、自分なりの意見を記述によって表現する力をみる。
西京 エンプラA2双方13.3%計45分面接…個人面接を実施する。志望動機や高校生活に向けた決意等を問う。5分
小論文…A1と同じ。40分
桃山 自然科学面接4.8%15分集団面接。志望動機や入学後の抱負等についての面接者からの質問に口頭で答える。
山城 文理総合面接4.8%10分集団面接。面接者からの質問に口頭で答える。本校文理総合科の「求める生徒像」で示した内容に関する目的意識や意欲・適性をみる。
紫野 アカデミア面接8%5分個人面接。英問英答を行う。個人カードに書かれた英文を黙読しその後音読する。英文の内容について、検査官の英語の質問に対し、英語で答える。英文の内容について、自分の感想・意見などを理由をそえて英語で答える。出題する英文は、中学校で学習した範囲の単語を用いる。
鳥羽 グローバル小論文11%50分300字程度。
<社会科的内容>資料や図表等を的確に読み取り、考察した内容を論理的に説明する能力をみる。
<理科的内容>実験・観察等から得られる情報を、科学的に分析・統合して、表現する能力をみる。
塔南 教育みらい面接10%10分個人面接。志望動機や高校生活への決意等を聞き取る。
工学院 フロンティア面接5.2%10分個人面接。中学校での活動や志望動機、高校生活への抱負等を聞き取る。
学力検査等を含めた総得点に占める、面接や小論文の配点割合

上記の表のとおり、各高校ともに、面接や小論文による配点は全体の5%から10%に過ぎず、それだけで合否を決定的に左右する力はありません。したがって面接や小論文対策は、闇雲にずっと悩んで対策する必要はありません。最低限のコツを把握した上で、堂々と自信を持って行えるように訓練することだけを意識してください。

堂々と受けよ

ある難関コースに合格した生徒の保護者の方は、「面接は緊張する」と悩む子供にこう言ったそうです。


「これだけ合格のため、ずっとずっと頑張ってきた。最後の面接では、”自分はここにふさわしい、自分がダメなら誰が入るんだ” という強い気持ちで堂々と受けなさい」

中学生にとっては、大人との面接は経験がないですし、それが合否に関わるとなれば尚更不安になってしまいます。しかし、面接で見られるのは「自分の言葉で話す決意と考え」であり、それは頭の良さではなく、自信から生まれる力です。小論文も、結局はハッキリとした自分の考えを文章に落とし込む作業。


強い意志を持ちつつ、最後に最低限の対策さえできれば、必ず合格点を取れます。

専門学科受験を絶対に諦めてはいけない

「◯◯高校の専門学科、◯◯科に入りたい!」と思った生徒は、「でも自分の実力では難しいだろうから、諦めよう」などと思ってはいけません。「本当に行きたいと、少しでも思ったのなら、絶対にチャレンジするべきだ」が高倉塾からの答えです。


それには、2つの明確な理由があります。

  1. 過去問も、対策すれば必ず解けるようになること
  2. 専門学科受験にはリスクがない

過去問も、対策すれば必ず解けるようになること

「◯◯高校の◯◯科に入りたい」と考えた時に、早い段階で赤本などの過去問をペラペラとめくる人がいます。目標に向かって一歩踏み出した証拠であり、これ自体は素晴らしいことです。


しかしほとんどの場合、ペラペラ眺める過去問はとても難しく、今の自分では解けそうにない問題がズラリと並んでいることでしょう。それを見て、すぐに自信を失い、諦める人がいます。

初見では難しすぎるように感じてしまう

それも当然で、それらの問題は、中3の2月にやっと解ければよい問題たちです。初めて過去問を見た段階で解ける人間など、ほとんどいません。


さらに、訓練を積んだ中3の2月時点でさえ、多くの受験生は半分くらいしか解けません。なぜなら難関の専門学科においては、だいたい5割くらいの正答率でも十分合格圏に入るからです。


とにかく、「ここに入りたい」と思ったら腹をくくってチャレンジしてみることが、合否に関わらず自分を成長させます。

専門学科受験にはリスクがない

「専門学科は難しいから、諦めて前期は普通科を受験しよう」と考える人もいます。


しかし、諦めずに専門学科を受験することをおすすめします。なぜなら幸いなことに、専門学科受験には全くリスクがないからです。

上の図のように、前期選抜は私立高校入試の直後にあります。前期選抜で専門学科を受験した場合、もう前期選抜で普通科を受験することはできません。


しかし専門学科で惜しくも不合格になってしまった場合でも、3月にある中期選抜で普通科を受験できます。普通科では定員の30%しか合格させないため、前期選抜は専門学科と同じくらい厳しい戦いになりますから、普通科受験の本番はあくまでも中期選抜です。普通科の前期選抜を受けなかったからと言って、特に不都合はありません。


したがって、「前期選抜で専門学科を落ちてしまった。あのときは普通科を受験しておけばよかった….」という事態は起こりえません。「前期には専門学科ではなく、普通科を受験しておけば合格したかもしれない」と思うのならば、中期はなおのこと100%合格できるから何の心配もいりません。


むしろ、専門学科を真剣に目指して勉強していたのなら、中期選抜の試験問題など簡単に見えることでしょう。


専門学科受験にはリスクがありません。チャレンジしたい人は、悔いのないよう思い切ってチャレンジしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください