二条中の6月からの対応と、塾の対応について。夏休みも短縮

二条中の予定

新型ウイルスも落ち着きを見せ始め、6月からは登校が始まります。しかし、おそらくいきなり授業が完全に再開するわけではありません。


二条中のウェブサイトでは、6月以降の予定が掲載されていました。

http://cms.edu.city.kyoto.jp/weblog/index.php?id=200905&type=5

「ウォーミングアップ期間」があるようで、その期間は分散登校などで対応されます。


まだ登校を控えたい人への配慮もありますし、授業が完全に戻るには1~2週間はかかるでしょう。

休校後の定期テスト対策

本来ならば5月末に第一回の定期テストがありますが、それがなくなり、新学年最初の定期テストの予定が気になるところです。



今の所はハッキリとしたスケジュールや、今年度の評価方法などが公表されているわけではありません。まずは学校をスムーズに再開できるかどうかの方が大切ですからね。


今の所、今年の変則的スケジュール&方式は、むしろ塾では対応しやすいかなと感じています。

  • 学校の学習内容のスピードは遅くならざるを得ない
  • 例年のペースへは、季節講習などで十分おいつける

この2点を考えながら、学年をリードできるように指導内容を考えていきたいと考えています。

夏休みも短縮 (午前のみ)

二条中の資料によると、夏休みも短縮されるようですね。

中学校は少なくとも、7月の夏休みはなくなり、8月の3週間のみとなりそうです。


ただ、7/20~7/31は給食なしの午前中授業のみらしいので、学習塾としては、あんまり影響なく受験対策や学力向上のために時間が使えそうです。


高倉塾としては、「今年の生徒だけ著しく学習内容が減ってしまう」といった事態は防げそうで、ひとまず安心しています。

5月は課題に全力&個別授業対応

高倉塾では、5月はいつもどおりの

  • ⏰9:15~10:45
  • ⏰13:30~15:00
  • ⏰16:00~17:30

のオンライン自習(講座)に加えて夕方の授業、というスタイルで変わりありません。


やるべきことは、学校からの課題を終わらせること!です。何人かはすでに終えているので、終えている生徒には個別で「苦手な部分」をお昼などにZOOM授業を少しずつ実施しています。


家にいたままに個別対応ができる、一斉オンラインの力はすごい!

6月からについて

今のところ、「6月から完全に日常に戻って塾をスタート!」ということは考えていません


学校もウォーミングアップ期間ですし、何より塾の先生も大学の再開時期の関係で、まだ実家から帰っていない人もいるからです……。



ただ、柔軟に教室を使えるように対応していく予定です。もしかすると、「もう自宅でオンラインで十分」という生徒/ご家庭もあるかもしれませんが……、まだ感染症の怖さもあるので、特に強制的な対応はいたしません


また何かあればご報告してまいります!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください