もっと貢献できるように週末に「高倉塾中間テスト」開催します

ウイルス退散!!!

オンライン化に踏み切って1~2ヶ月といったところですが、やるからには、


「オンラインの方がいいんじゃない?」
「教室は月1回とか、たまに使うくらいがちょうどいいんじゃない?」


と思っていただけるくらいにしないとダメだと考えてきました。 “仕方なくオンライン” 、といった受け身の姿勢で運営すると、塾として最低限の貢献ができないからです。

休校期間中の塾としての対応は、まずまずだった

この期間に、何名かの保護者の方とメールなどでお話させていただきました。


その中でも、休校期間中に、

  • 朝からオンライン自習
  • 合計6時間ほどの勉強(課題消化)時間

を取れたことに喜んで頂くことが最も多かったです。やっぱり、勉強自体を進めてほしい気持ちはもちろん持たれていますが、「ダラダラするのでなく、ちゃんとした人間らしい(?)毎日を送ってほしい」という願いをより強く持たれていたことを感じます。


今は学校も徐々に始まったこともあり、夕方からのオンライン授業しか行っておりません。

貢献度を高めるため、週末に高倉塾の中間テストを行います (中学生のみ)

今年、例年は5月末くらいにあるはずの中間テストが完全に無くなってしまいましたよね。


テストが無くなることはとても悲しいことです。生徒にとっては嬉しい事かもしれませんが、


「テストがあるから頑張って勉強する」


といった、(そんなに素晴らしいわけではない) 動機でたくさんの勉強時間を稼げるので、それが一つまるまる無くなってしまうことは損失です。


学年に関わらず、今回にテストがあったはずの範囲は、どうせ受験のときに出題されます。今できることは、できるだけやっておきたいところです。

実施する中間テストの内容

実施するテストの概要を以下に記します。

  • 📆 6月14日(日) 時間は今週中に各自伝えます
  • ⏰ 各教科50分
  • 📖 数学と英語のみ。高倉塾で自作
  • 🎓 難易度は普通レベル
  • 🏫 高倉塾教室で開催
  • 😡 基準点以下は全員オンライン補習
  • 🤒 欠席者は別途で振替受験

また、以下のルールを守り、安心して教室に来てもらえるようにします。

  • ✅ マスク着用のお願い
  • ✅ 時間を分けて、少人数で受験
  • ✅ 各生徒/先生の間隔 2m は必ず離します
  • ✅ 試験のみ。会話はあまり発生しません

もはや緊急事態宣言も無くなり、京都は2日前に1名感染者が出たのみで、かなり落ち着いてきたと言えます。

学校も始まっていますし、あまり神経質にならなくてよい状況でもあるとは思います。


しかし、東京や北九州ではまた感染者の広がりを見せるなど、特に高齢のご家族がいらっしゃる方を始めとして、完全に不安が拭えていないことも確かです。


したがって、学習の妨げにならない限りはまだ対策を十分にしていきたいと思います。

6月下旬について

公立中学校の方では、15日くらいから部活も再開されるようで、いよいよ本格的に日常が戻ってきます。塾もそれに合わせていく予定ではあります。


「引き続きオンラインを基本にして、たまに教室で確認テストなどを行う形式を希望」という方もいらっしゃいますが、この環境の中でも最も学力向上や志望校合格に近づけるスタイルを模索していきたいと思います。


また改めて連絡しますので、よろしくお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください